がん予防

イソフラボン摂取量に関して

昔比べると私たちの食生活の幅はとても広がりました。
和食中心だった食生活から、洋食や中華、イタリアン、フランス料理など選択肢が増えてきています。
これらの食事は和食と異なり、脂質や糖分が多いためカロリーが高くなってしまっています。
そのため最近では生活習慣病にかかる人が増え、生活習慣病の予備軍に当てはまる人が多いです。

中でも和食に多く含まれているイソフラボンが不足している人がとても多いです。
イソフラボンは大豆に多く含まれている成分です。
大豆料理は和食に多く、イソフラボンが不足しがちです。

また豆腐や油揚げ、納豆や味噌、醤油やきなこなどの大豆加工品にも含まれているのが特徴です。
これらの食材も比較的に和食に使用されることが多いです。

イソフラボンには抗酸化作用があり、アンチエイジングや病気の予防に効果があります。
また女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがるので、美白効果や更年期障害にも効果が期待できます。

不足しがちなイソフラボンはどのぐらい摂取するればいいのでしょうか。
一日に必要な摂取量の目安としては、30mgから50mgといわれています。
例えば納豆一パックで37mg、豆腐半丁で40mg摂取できます。
それ以外でも醤油やみそ汁など、知らないうちに摂取しているイソフラボンもあります。
なので一日一品目イソフラボンが豊富な食材を取り入れることで、一日の摂取量をクリアできます。
できれば和食がメインの食生活を取り入れることで、イソフラボンだけでなく食事のバランスも取りやすくなります。

食事以外で摂取する豊富としては、サプリメントの活用もあります。
イソフラボンはサプリメントで摂取する場合、30rまでと上限が決まっています。
アンチエイジングやバストアップなどの即効性を期待してサプリメントを過剰摂取してしまう人もいます。
過剰摂取すると逆効果として副作用が出てしまう可能性があるので、一日の摂取量をしっかり守りましょう。

Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.