がん予防

イソフラボンの選択の仕方

イソフラボンと聞くと、何を思いうかべる人が多いでしょうか。
ほとんどの人は、大豆イソフラボンと答えるでしょう。
認知度は高くなり、化粧水などの商品名にもなっています。

イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるのが一番の特徴です。
女性ホルモンは年齢とともに減少してしまう細胞です。
女性でも男性でも両方もっているものですが、女性らしい体を作り上げる基礎となる成分です。
そのため女性にとっては必要不可欠なものとなっています。

しかし女性は男性と異なり、妊娠や出産や授乳の時期は女性ホルモンの分泌が一気に低下してしまいます。
それは、女性ホルモンは卵巣の機能が活発に動いているときに分泌されるからです。
排卵がない人妊娠中や授乳中は、女性ホルモンが減少してしまいバランスが崩れやすくなります。
また40代後半から50代にかけては、排卵がなくなって閉経を迎えます。
すると一気に女性ホルモンの分泌が低下して、更年期障害を起こしてしまいます。
女性にとって女性ホルモンの形成は、体調に大きな変化をもたらすものです。

そこで減少しはじめる30代ぐらいから、積極的に女性ホルモンを補う必要があります。
イソフラボンは女性ホルモンの分泌を活発にしてくれます。
食べ物で摂取する場合、一日50mg程度が目安です。
大豆の加工品では豆腐半丁や納豆一パックを摂取すると、不足しがちなイソフラボンを摂取できます。

そしてもう一つの摂取方法はサプリメントです。
大豆イソフラボンのサプリメントは一日30mgと定められています。
より高い効果を求める人はイソフラボンが含まれているプエラリアミリフィカを選びましょう。
プエラリアミリフィカは大豆イソフラボンよりも40倍もの効果があることが分かっています。
特に胸を大きくしたい人には、バストアップ効果http://www.tourofcalifornia-solvang.com/koxtusori.htmlが高いのでお勧めです。
目的やどの程度の効果を求めるかによって、イソフラボンを選んでいきましょう。

Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.