がん予防

イソフラボンの最適な量について

体にいいものは誰もが毎日の生活習慣で取り入れたいと思うでしょう。
私たちの体は、毎日摂取した食べ物によって 形成されています。
摂取する食べ物によってエネルギーが作られるため、食事内容はとても重要です。

そこで積極的に摂取することがすすめられているのがイソフラボンです。
イソフラボンとは、大豆に多く含まれている成分として知られています。
大豆は和食に使われることが多い食品ですが、大豆を毎日食べる人が少なくなっています。
なのでイソフラボンの摂取量がとても少なくなっています。

そこで意識的にイソフラボンを摂取するためには、どのぐらいの量が適正なのでしょうか。
まず一日の上限として決められているのが、一日75mgで、これ以上の過剰摂取は避けたほうがいいとされています。
アンチエイジングなど高い効果を求める人は、上限いっぱいの摂取でも構いません。

しかし健康維持や生活習慣の改善のためであれば、ベストな摂取量としては、一日40mgから50mgとなっています。
具体的には豆腐半丁で40mg、納豆1パックで37mgになっています。
これらの量であれば、毎日の食生活に取り入れやすいといえます。

注意しなくてはいけないことは、イソフラボンが含まれる大豆加工食品は以外とたくさんあるということです。
豆腐や油揚げ、納豆だけでなく、味噌や醤油といった調味料や豆乳にも含まれています
知らないうちに摂取していることも多く、過剰摂取しやすくなっているのでバランスよく摂取しましょう。

特にイソフラボンをサプリメントで摂取するときには、1日30mgと決められています。
アンチエイジングや効果を早く実感したいからと、摂取量を勝手に増やしてしまう人もいます。
それでは過剰摂取による副作用も起きてしまうことがあるので、1日の摂取量を守りましょう。

イソフラボンは毎日の食生活で取り入れやすい成分です。
自分の生活スタイルに合った方法で、積極的に摂取してみましょう。

Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.