がん予防

イソフラボンが乳がんに与える影響

私たちが積極的に摂取したい成分はたくさんあります。
中でも女性が積極的に摂取したい成分の一つにイソフラボンがあります。

イソフラボンが女性にとってうれしい働きがあるのは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあることです。
無理なダイエットなどで女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、生理の周期が乱れたり肌荒れを起こしてしまいます。
また50代になると閉経することによって、女性ホルモンの分泌量が一気に低下し更年期障害が発生してしまいます。

さらに一番心配なこととして、女性特有の病気との関係性が高いことがあげられます。
女性特有の病気としてあげられるのが、乳がんや子宮がん、子宮頸がんなどのがんの病気です。
この中でも最も影響を受けやすいのが乳がんです。

乳がんは女性ホルモンの分泌が過剰になると発症しやすい病気として知られています。
そのため、初潮が早い人、出産をしていない人は乳がんの発症率が高いといわれています。
初潮が早い人は、早く卵巣が機能しているため、女性ホルモンの分泌が多いです。
出産していない人は、常に排卵があるため女性ホルモンの分泌量が多くなってしまいます。
出産や授乳期間は、排卵がない状態が続き女性ホルモンの分泌量が抑えられています。

このことから考えると、イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがるため、乳がんが発症しやすいのでは思うでしょう。
しかし、実際は乳がんの発症率が低下しているという結果が出ています。
実験結果ではイソフラボンを積極的に摂取している人は、摂取していない人よりも乳がんの発症率が40%も低いことが分かっています。
このような実験結果になったのはなぜでしょうか。

それはイソフラボンには女性ホルモンを単純に増やすのではなく、バランスを整えるという効果があるからです。
更年期障害や生理不順など女性ホルモンが不足しているときは分泌を促してくれます。
その反対に、過剰に女性ホルモンが分泌してしまっている場合は、抑制する働きがあります。
女性ホルモンのバランスが保つことで、乳がんの発症率が低下http://www.rosedonbermuda.com/nyugan.htmlしているのではと考えられます。



Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.