がん予防

イソフラボンが齎すメリットやデメリット

食事は私たちの体のエネルギーの基礎となるものです。
そこで不足しがちな栄養素を意識して摂取することが大事です。
そこで注目されている成分がイソフラボンです。

イソフラボンは食品や健康食品、化粧品などにも含まれていて、知っている人が多いでしょう。
そんなイソフラボンを摂取するメリットとデメリットは何でしょうか。

まずメリットとしてあげられるのが、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるということです。
女性ホルモンは年齢とともに減少してしまうという特徴があります。
女性ホルモンは女性らしい体を作りだすのに必要な成分で、減少してしまうと様々な老化現象を引き起こします。
イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンが補われてバストアップや美肌の効果があげられます。

特に更年期障害に悩んでいる人にはホルモンバランスが整われて、症状改善につながります。
そして骨を形成する働きもあるので、骨粗鬆症などの予防にも繋がります

そしてもう一つの効果として抗酸化作用があります。
私たちの細胞は、ストレスや疲労の蓄積などで活性酸素を生み出します。
活性酸素は細胞を酸化させてしまい、破壊したりがんなどの病気を発生させてしまいます。
イソフラボンには活性酸素を除去する抗酸化作用があるため、細胞を活性化させてくれます。
がんなどの病気の予防http://www.chinaallinone.com/gannyobou.htmlだけでなく、シワやくすみなどのアンチエイジング効果もあります。

しかしイソフラボンにもデメリットはあります。
一番は、過剰摂取してしまうことによる副作用です。
一日の摂取上限の75mgを超えてしまうと、ホルモンバランスが乱れて生理不順や子宮疾患のリスクが高まります。
大豆以外にも豆腐や納豆、きな粉などの大豆加工品にも含まれていて摂取しやすいため、一日50mgを目安にしましょう。
サプリメントの場合は一日30rが上限と定められています。
またもう一つのデメリットは、大豆アレルギーを持っている人は摂取ができないということです。大豆アレルギーがない人でも何かしらのアレルギーを持っている人は、少量から摂取するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.