がん予防

イソフラボンが行うガン予防のメカニズム

現代人の生活習慣は、高カロリーの食生活が増えています。
和食中心だった食生活が欧米化して糖分や脂質の摂取が多くなり、メタボ体系になってしまっています。
さらにデスクワークが増えたことで、運動不足になってしまっているので脂肪が蓄積しやすくなっています。
不規則な生活と運動不足、食事の変化が加わったことで、生活習慣病になってしまっています。

この生活習慣病によって一番気をつけなければいけない病気がガンです。
生活習慣病は食生活やストレス、不規則な生活習慣、睡眠不足、運動不足などによって活性酸素を生み出してしまいます。
この活性酸素が正常な細胞を酸化させて、細胞を破壊していきます。
細胞を酸化させてしまったときに、同時にがん細胞を生み出してしまいます。

がん予防のためにも積極的に摂取したい物として、イソフラボンがあります。
大豆に含まれている成分で、豆腐などの大豆加工品にも含まれているため摂取しやすい成分です。
イソフラボンには、抗酸化作用があることが分かっています。
抗酸化作用は、活性酸素を除去する働きがあるので、がんが発症しにくい体につながります。
そのためイソフラボンはがんの予防に効果があるといわれています。

がん細胞の一番恐ろしいことは、細胞の増殖スピードが速いということです。
がんは増殖するときに新生血管を作り出し増殖しながら転移していきます。
イソフラボンには新生血管を抑制する働きもあることが分かっています。
もしも、がんになってしまったときでもがんの増殖を防ぐことが可能です。

がんの中でも、乳がんに一番効果があることが分かっています。
それはイソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあり、ホルモンバランスを整える働きがあります。
女性ホルモンの影響を受けて発症しやすい乳がんは、イソフラボンを摂取していない人に比べて40%も発症率を下げることが分かっています。

乳がんだけでなく、大腸がんや前立腺がん、子宮がんの予防にも効果があります。
いつ誰ががんになるか分からない時代だからこそ、毎日の食生活でイソフラボンを取りいれることがお勧めです。

Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.