がん予防

イソフラボンとコラーゲンの関連性

美肌といえば、保湿と透明感のある肌が重要です。
肌は乾燥してしまうと、水分量が減ってしまうため、シワができたり肌荒れなどを起こしてしまいます。
また透明感のある肌はくすみやシミが無い状態で、肌の色が明るくなっている状態を指します。
このような肌に必要不可欠なものが、コラーゲンの存在です。

コラーゲンは肌の奥にある真皮に存在している細胞です。
コラーゲンが真皮に多く含まれていると、保湿効果が高まります。
すると肌にハリが生まれ、シワやたるみが目立ちにくくなります。

コラーゲンは残念ながら、年齢とともに減少してしまう成分です。
そのため年を重ねるごとに、乾燥したり保湿が不十分になることでシワができやすくなります
コラーゲンは食事で補うことができます。

そこで効果的な成分としてあげられるのがイソフラボンです。
イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあります。
女性ホルモンが分泌されると、コラーゲンを形成するために必要な成分が形成されます。

またイソフラボンには抗酸化作用があり、細胞を酸化させてしまう活性酸素を除去することできます。
細胞は酸化してしまうと、正常に働かなくなり古い角質となってとどまってしまいます。
それを防ぐことができ、さらに細胞が酸化しにくいため、細胞が元気な状態を保てます。

イソフラボンとコラーゲンの形成は関係性が高いだけでなく、相性がいいことも分かっています。
その証拠にイソフラボンが含まれているサプリメントには、コラーゲンが一緒に摂取できるように組み合わさっているものが多いです。
イソフラボンは日常の食生活で摂取しやすい成分なため、サプリメントでは30rまでしか摂取できないようになっています。
そのためその他の有効成分と組み合わせて、販売されていることが多いです。
早く効果を実感したい人は、サプリメントでイソフラボンhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.asia/健康ランキング.htmlとコラーゲンが一緒に摂取しているものを選ぶと相乗効果が得られます。

Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.