がん予防

きなこを活用してイソフラボン摂取

私たちの体は摂取した食事をもとにエネルギーを作り出してします。
食生活が欧米化したことで、和食離れがおきてしまっています。
そこで摂取しにくくなっている成分の一つに、イソフラボンがあります。

イソフラボンは大豆に含まれる有効成分です。
大豆だけでなく大豆の加工品にも豊富に含まれています。
加工品の中には、豆腐や油揚げ、納豆や醤油、味噌にも含まれています。
普段から自炊する人にとっては、よく使用する食品なので以外に摂取しやすいといえます。

しかし中には一人暮らしで自炊をしない人も増えています。
外食などでは洋食が多くなり、イソフラボンの摂取が少なくなってしまっています。

大豆製品が苦手な人や自炊をしない人でも簡単にイソフラボンを摂取する方法があります。
それはきな粉を摂取することです。  

一日で必要なイソフラボンの摂取量は30mgから50mgといわれています。
きな粉の場合は大さじ5杯摂取することで、約50mgのイソフラボンを摂取することができます。
きな粉はアレンジがききやすく、調理をしなくても摂取ができます

簡単な方法としては、牛乳の中に適量のきな粉を混ぜて飲むことです。
またヨーグルトの上に掛けて食べると、デザートとして食べることができます。
きなこの味があまり目立たないようにするためには、ホットケーキに混ぜて焼くのもお勧めです。
粉っぽさがなくなるので、子供でも食べやすい方法だといえます。

朝食を食べない人には、朝の食事として取り入れるのがお勧めです。
腸の働きも活発になり、吸収率も高い時間帯になります。

またその反対に一日の食生活を振り返ってイソフラボンが少ないと感じた場合にも効率よく摂取できます。意外にイソフラボンは大豆の加工食品にも豊富http://www.maxim-energy.com/09daizu.htmlに含まれています。
味噌や醤油といった調味料は、気づかないところで摂取している場合があります。
一日の最後に今日はイソフラボンが不足しているなと感じたとき、きな粉で不足分を調整して摂取しましょう。


Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.