がん予防

海外でも活用されているイソフラボン効果

今世界中でメタボリックが深刻な問題になっています。
国によっては太っている人の保険料や医療費の引き上げすることを検討しているところもあるほどです。
なぜここまで肥満が問題視されているのでしょうか。

それは肥満になってしまうと、あらゆる病気に原因となってしまうからです。
食生活や生活習慣の乱れから、体内に脂肪が蓄積されやすくなっています。
そのため体内に脂肪がたまるとコレステロール値があがり、体への負担が増えてしまいます。
なぜなら中性脂肪は、腸の中で悪玉コレステロールへと変化してしまいます。
この悪玉コレステロールが蓄積すると、血管が硬くなってしまい動脈硬化などを引き起こしてしまいます。
動脈硬化は血管自体が弱くなってしまうため、脳卒中や心筋梗塞など命にかかわる重大な病気になってしまいます。

そこで効果的な成分として注目されているのが、イソフラボンです。
イソフラボンには悪玉コレステロールの発生を抑える働きhttp://www.moderate.jp/koresute.htmlがあります。
悪玉コレステロールは、外国人が好んで食べる肉や魚、乳製品などの動物性食品に豊富に含まれています。
なので海外の食生活では、腸に悪玉コレステロールが蓄積しやすくなっています。

またイソフラボンには腸の環境を良くする効果がある善玉コレステロールを増やす働きがあります。
善玉菌が増えると生活習慣病リスクも低くなり、コレステロールが溜まりにくくなります。
またイソフラボンは植物性http://www.kan-ya.jp/kityouna.htmlの食品なので、気にせず摂取しやすいといえます。

イソフラボンが豊富に含まれる食品には、大豆や豆腐、油揚げやきな粉、納豆など和食で親しみのある食材ばかりです。
海外では今日本食がブームになり、多くの日本料理店がオープンしています。
日本食にはイソフラボンが含まれるメニューがとてもたくさんあります。
そして日本食の方が、低カロリーで栄養素がバランスよく摂取できる場合が多いです。
日本人よりも生活習慣病が深刻な問題なので海外でもイソフラボンの効果に注目されているといえます。

Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.