がん予防

枝豆を活用してイソフラボンダイエット

女性の半数以上の人が、今の自分の体形に不満を持っています。
もっと痩せてきれいになりたい、好きな洋服をきたい、男性にもてたいなど理由は様々です。
いろんなダイエット法があり、それを実践している人が多いです。

だたし最近では、一品を集中的にとりつづけるダイエット法もあります。
ダイエット効果もありますが、どうしても栄養素が偏ってしまいます。
また無理なダイエットをするとストレスや肌荒れ、体調が悪くなるケースも増えています。
それはダイエット法によっては女性ホルモンの分泌量が減少してしまっていることが大きな原因です。

ダイエットをするのであれば、きれに美しく痩せたいと思うでしょう。
そのためには女性ホルモンをしっかり補いながらダイエットをすることが大事です。
そのダイエットに適しているのが、枝豆を摂取することです。

枝豆には女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるイソフラボンが含まれています。
イソフラボンは大豆を思いかべる人が多いですが、実は枝豆やアーモンドなどにも含まれています

枝豆がなぜダイエットに適しているのでしょうか。
それは枝豆自体がとても低カロリーだということです。
大豆と比べてもカロリーは3分の一程度で、料理の手間もなく簡単に食べることができます。
大豆の場合は、水に戻してからでなければすぐに調理することができません。

例え水煮を使用したとしても、料理のレパートリーが少ないためあまり好んで食べる人が少なくなっています。
枝豆であれば、最初から茹でて調理ずみのものも販売されていて、冷凍することができます。
なので日持ちもして必要な分だけすぐに使用でき、お酒のおつまみや枝豆だけでも料理として一品になります。
また食物繊維が豊富なことと、かみ砕いて食べることで満腹感も得られやすいです。

イソフラボン以外にも、枝豆にはサポニンという成分が含まれているのが特徴です。
サポニンは脂肪を体内に吸収してしまうのを抑制する働きがあります。
小腹がすいた時や間食するのが癖になっている人は、枝豆を食べるようにするといいでしょう。

Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.