がん予防

イソフラボンの男性への効果

イソフラボンは大豆に含まれる有効成分で、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあります。
年齢とともに減少してしまう女性ホルモンを補い、更年期障害の症状改善にも効果があります。
化粧品にも含まれているため、イソフラボンは女性が摂取する成分と思われがちです。

しかし男性がイソフラボンを摂取することで、有効的な働きもあります。
それは女性ホルモンが増えることで、男性ホルモンの過剰な分泌を抑制することができます。

男性ホルモンが過剰に分泌してしまうと、体毛が濃くなってしまいます。
男性でも無駄毛の処理をする人がとても増えてきているため、体毛が濃くなるのは避けたいと考える男性が多いです。

そして近年深刻な問題になっているのは、世代問わずに薄毛や抜け毛に悩む人が増えているということです。
これは男性ホルモンが過剰に分泌することで、頭皮がべたついてしまい髪が成長しにくい頭皮の環境になってしまっています。
そこで女性ホルモンを摂取することで、男性ホルモンが抑制されて頭皮の環境が改善されます。
これによって、イソフラボンで抜け毛が減るようになったり、髪が成長しやすくなるという効果が得られます。

女性ホルモンを摂取するもう一つのメリットは、前立腺がんの予防です。
イソフラボンを摂取している男性の方が、前立腺がんの発症率が低いということが実験で分かっています。
さらにそのほかの大腸がんなどのがんの予防にもイソフラボンは効果的です。

がん細胞は増殖する際に、血管新生を作り出し増殖したり転移していきます。
イソフラボンには血管新生を阻害する働きがあることが分かっています。
がん細胞の増加を阻止することができ、進行を遅らせることができます。

このようにプラスの効果がたくさんありますが、マイナスの効果もあります。
それは過剰摂取してしまうと男性の性機能の低下や筋肉量が低下してしまということです。
一日の摂取量を30mg程度に設定して摂取すると、プラスの効果の方が多く得られます。

Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.