がん予防

悪玉菌への効果について

健康診断で、メタボと診断される人が増えてきています。
メタボが増えてきた一番の理由は生活習慣の乱れです。
食生活が欧米化になり、高カロリーの食べ物を摂取することが増えました。
それに加え運動不足になる人が増え、ストレスもためやくなっています。
このような生活の繰り返しが、体内に悪玉コレステロールを蓄積してしまいます。

悪玉コレステロールが増える一番の原因は、食生活の乱れです。
例えば、いくらやたらこといった魚介類の卵やレバーやホルモンといった食材はコレステロールがとても高い食べ物です。
また糖分が多いお菓子やケーキ類も中性脂肪が増加すると同時に、悪玉コレステロールも増えていきます。

私たちの食生活には悪玉コレステロールが増えやすい状態にあるといえます。
そして悪玉コレステロールが蓄積すると、血管に脂肪がへばりついてしまいます。
すると血管が硬くなり動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化が進行してしまうと、血管への負担が多くなり心筋梗塞や脳卒中になるリスクが高まります
また血糖値が上がってしまうことで、糖尿病になる確率も高くなります。

そこで悪玉コレステロールを減らす効果がある成分として、イソフラボンが注目されています。
イソフラボンは悪玉コレステロールを抑制して、善玉コレステロールを作りあげることができます。
善玉コレステロールは、血管に蓄積したコレステロールを排出して、きれいな血管に変えていきます。

イソフラボンの特徴として体内に摂取すると、肝臓に一番の効果があることが分かっています。
肝臓では体内で摂取した物質を分解する働きがあり、悪玉コレステロールの元となる成分を抑制する働きがあります。

また悪玉コレステロールは体内にある活性酸素と結びつくことで、血液中に血栓を生み出してしまいます
イソフラボンには活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
活性酸素と悪玉コレステロールを同時に除去する効果があるイソフラボンは、健康的維持にとても効果があります。



Copyright(C) 2013 様々な効果を齎している成分 All Rights Reserved.